あくうぇロージアin潤滑剤

今回の吹田csで使用したあくうぇロージアについて自分なりの解説をしたいと思います。

f:id:nabegreen:20170618231917j:plain

パッと見は原案とほとんど変わりませんが、今回はカーネルとレインボースパークを1枚ずつ抜いてカイザルバーラを2枚入れています。

入れた理由ですが

①ロージアと天門の噛み合いがない。

②ヘブンズヘブンで出したいカードが主にエメラルーダかミラクルスターの2体のみ(ウィズダムフェウスはカウンター狙いで出すので基本は手札キープしています)

③ヘブンズヘブンの龍解が難しい。

大雑把に分けてこの3つの理由からカイザルバーラを入れたいと思いました。

これにより

天門、ヘブンズヘブンから擬似的にロージアを出すことができた、打点増強になりヘブンズヘブンの龍解が容易になった、など最初の構築に比べて試合中柔軟に立ち回ることができたと感じました。

実はⅫを1枚抜いて当初3枚入れた構築にしていましたがカイザルバーラはあくまでメインではなくサブ的な役回りでありロージアとは逆にドラゴンズサインで出すことができないので仕方なく2枚の構築で収まりました。それにⅫを1枚抜いて調整していたら欲しいタイミングで手札にないというケースが結構あったので(初手に来たら基本マナ置きにしているので)4枚に戻しました。


その他枚数を減らしたカード、増やしたいカードについてコメントしたいと思います


レインボースパーク 3枚

正直これはサイン、天門よりは重要性は低めと考えているので(それでも序盤の重要なドロソ)自分の感覚ですが4枚もいらないと感じ3枚にしています


カーネル 2枚

ラフルルをケアできる重要なクリーチャーのトリガーですが、これもドラサイ、天門よりは優先順位は低めと考えています。ただ基本受けて勝つデッキなのであまりトリガーを減らすのは良くないと考え、2枚で落ちつきました。それにこの枚数がちょうどいいと自分では思っています。


メラルーダ 3枚→4枚

アクアウェーブのチームメイトからもアドバイスをいただいたのですが今日の試合で4枚にしたいと思ったのがこいつです。盾を0にされてからの防御が正直こいつがいないと厳しいと思いました。アルカディアスパーク1枚で返せるところをエメラルーダが手札になくて結局盾を増やせず負けという試合がいくつかありました。今日の場合はジョーカーのホーリーが出たときにヘブンズヘブンからのエメラルーダの盾埋めでケアというプレイができないことがありました(幸いホーリーが出ず勝ちましたが)。なので4枚にしたいのですが抜く枠を検討しています。


ミラダンテⅫ 4→3枚

メラルーダの増やすのに抜く候補がⅫなんですが、前述したとおり4枚ないと欲しいときに手札にないというケースがあるため悩みどころです。


結果まだまだ完璧な構築ではありませんがカイザルバーラがあくうぇロージアの潤滑剤として見事に機能してくれました。

ですがこれは自分の好みで入れたところもあるので、もっと良い構築が見つかるかもしれないです。今回は4位と好成績を残すことができましたがもっと上を目指していきたいです!

記事を読んでいただいた方々ありがとうございました!