AQUAWAVE-nabe diary

主にデュエマのCSの結果、デッキ構築の内容を記載します。よければご覧ください

新殿堂〜超CSベスト64まで サザンメタリカの調整録

こんにちは、GW以来の投稿です。今回超CSベスト64と超久しぶりにまともな成績を残すことが出来たのでブログを書こうと思いました(勝てなくても新殿堂から超CSまでの調整録は書こうと以前から考えていました)

なので7月の新殿堂〜超CSまでの調整録を1週間ごとに解説していきます。多少長い文章になりますが良ければどうぞご覧ください

まず7/14の新殿堂以降、メタリカサザンというデッキに目をつけていました。

理由としては大雑把に分けて3つ

・サザンというデッキタイプを昔から使っていた

・ニヤリー殿堂によるガンバトラージョーカーズの減少、相性の良いロージアダンテ、ムカデループの増加

・ワルスラが殿堂したことにより五分(不利に近い)だったバスターが7割近く有利になったこと

 

カードが揃っていたこともあり以上の理由からメタリカを使おうと思いました。

 

ちなみに構築は1週間ごとに少しずつ変化していきました

まずは初陣の7/15、7/16の地下ラボCS、スキップGCSから

f:id:nabegreen:20180812002133j:image

f:id:nabegreen:20180812010122p:image

この試合と結果で思ったのが

・ミラダンテ使うタイミングなかったしいらない?

・バスターは数で押し切れるし、ジョーカーは出す余裕がない。ブライゼは最速で決めるパターンが基本やからミラダンテあまり使わないし、ラス盾ぱくちーたーは割り切り

・フェイオン使うタイミングなかったなぁ、でもドローはおいしいしバスター、同型あるやろうから抜きたくない

・コスト踏み倒しメタを出せなかったと きの除去札が欲しい

 

この考えからミラダンテを外し

、次週の7月22日の日本橋CSの構築と試合の結果が次のものです

f:id:nabegreen:20180812004546j:image

f:id:nabegreen:20180812004638p:image

オリオティスジャッジを入れ望んだ試合でいきなり新しく入れた呪文が活躍してくれました。コスト踏み倒しメタを消されてからのデスザークをジャッジが吹き飛ばしてくれました。この時点で試合の流れがこちらに傾き、そのまま勝利しました。

しかし、本戦でブライゼからのデパーチャで場面ほぼ全滅→プロテクションサークルでぱくちーたーを埋められ、ミラダンテを抜いたことが仇になりました。マルハヴァンがいたことにより、モーツァルト、ヴィルヘルムはケアできましたがサイゾウは止められないです。

結果攻めきれずスペゲになり負けてしまいました。

※細かい試合の序盤からの流れなどは別の記事で記載しようと考えています

 

・やっぱりダンテ欲しい、サイゾウ、ぱくちーたーが止まらない。

・オリジャ強かった!

これにより構築を改めて考えることになりました。7/28龍星杯の構築と成績です。

f:id:nabegreen:20180812010301j:imagef:id:nabegreen:20180812010319p:image

この試合でベスト8になり地元での練習もあり調整の結果が出てきていると感じました。

この日もジャッジが活躍しました。墓地ソとの対面で最速先攻3ターンで出てきたGTやその次のターンに出た轟轟轟、再び出てきたGTの除去と大活躍してくれました。

 

8月になり、AQUAWAVEのグループラインで相談に入り

・オリジャ(呪文)とフェイオンは使いにくい?

・呪文抜いてオリオティス(クリーチャー)入れて踏み倒しメタを増やそう

などの話しから8月5日の高槻CSで挑んだ構築と戦績です

f:id:nabegreen:20180812012534j:imagef:id:nabegreen:20180812012528p:image

この試合で思ったのが

・フェイオンないとホーリーケア出来なくて相性良かったバスターがすごい戦いにくい

・オリオティスは卍以外そんなにいらない

・ジョラゴンとマンハッタンを消してくれたオリジャはやっぱり入れ得。

・カダブラ対面が分からん限りは出しづらい

あとこの前の日

「一応、オリジャ、ダンテ→オリオティス3で試してみてもらえますかー。踏み倒しメタ早期に立てやすくなったのとサザンの軽減クリーチャーの増加にもなると思いますし」とリーダー(marugaくん)からアドバイスがあったんですが・・・

リーダー申し訳ないです💧やっぱりオリジャは外せませんでした。入れてから今日まで大活躍してくれたので(-_-;)

ここでオリオティス(クリーチャー)とフェイオンの投入に悩みました。どこの割くかと。・・・ここでふと思いました。

「カダブラって4枚入れなあかん?」

「今まで最初から出す試合ってそんなにあったっけ?」

「そもそも入れる理由は?最速サザンに繋げるため?クリスタとソルハバキもあるからいいんじゃね?バーナインもいるし」

「最速フィニッシュ用のWブレイカー?

そういう時もあるけどたまにしかなかったな」

固定観念じゃね?」

などの理由から3枚にしました。

オリオティス(クリーチャー)も

「これも2枚って固定観念に囚われてるような・・・」

「デスザークメタっていっても序盤にこないとあまり意味がない。2枚しかないし」

「デスザークメタっていうより5枚目のコスト踏み倒しメタの2コストクリーチャーって考えよう」

このような思考になり各カードの枚数を見直し、いよいよ本番の超CSに挑むことになりました、その結果と構築ですf:id:nabegreen:20180812014608j:image
f:id:nabegreen:20180812014613p:image

新殿堂から約1ヶ月メタリカを調整し続け、無事予選を突破することができました。

負けるまでの全ての試合を通して自分の構築を見直しましたが全てのカードが活躍し、全てのカードの枚数が正解だったと感じています。

普通ではないカダブラとオリオティスの枚数にも問題なかったと思っております。

相性の悪いジョーカーが増えつつあり環境落ちしようかというところでしたが信じて使い続けてきて良かったと思います。

 

ここまで調整、相談に付き合っていただいた方々、試合していただいた方々、ここまで長い記事を読んでいただいた方々へ感謝します。本当にありがとうございました。

各カードの解説や印象に残った試合は別の記事に記載する予定です。

 

それではこの辺りで失礼します

(^^)/~~~